ヴィアマーレ

新エリア沖縄最北端辺戸岬エリア公開!

LINEで送る
Pocket

 

ヴィアマーレの新エリア・沖縄本島最北端!辺戸岬エリア公開!

メインのポイントは「辺戸ドーム」こと「宜名真海底鍾乳洞」

 

そのメインとなるのポイントが通称「辺戸ドーム、」正式名称は「宜名真海底鍾乳洞。」

沖縄の海をプロダイバーとして40年以上潜り続け、25年残波岬一筋に潜ってきた読谷村の海を一旦卒業し、沖縄本島の海の魅力再発見を目指す中で、以前から何度も潜りたいと思いつつ、あまりもの遠さと人数が揃わないジレンマに悩まされて行けずじまいだった沖縄本島最後の秘境を潜ってきた!!!

いや、話には嫌というほど聞いてはいたが、まじでここはヤバい。

正真正銘の鍾乳洞で、現在水中12mにある洞窟の入り口は紀元前5000年ごろまでは陸上だったようで、当時の沖縄だといわゆる港川人?石器時代の人々がこの穴の中で生活していた痕跡も残っているのです。

さらにその名の通り一旦浮上するとドーム状のエアーポケットになっており、ここには超レアなコオロギの仲間がそこかしこに・・ ・

一応「ウスモンナギサスズ」という絶滅危惧種なのですが、長い間暗闇に閉ざされていたために目が退化し、逆に触覚が進化しています。近い将来、この洞窟でしか観られない新種、もしくは地域個体群に指定される可能性大なのです。 海でのダイビングで、お魚やウミウシ以外の、まさかの昆虫がマクロ撮影のターゲットになるなんてまずここだけの体験でしょう。

30年前なら読谷からはおそらく3時間、高速ができてからはなんとか2時間。 名護のバイパスが出来て名護市内通過がなくなりやっと1時間半超ぐらいで行けるようになりました。 これからはこっちをメインゲレンデにするかも(⌒-⌒; )

ただし、そんなに難易度が高いケーブではないものオーバーヘッド環境なので上級者限定。経験本数100本以上、もしくはSSIのアドバンスド・アドベンチャラー以上もしくは他団体のアドバンスド・オープンウォーターダイバー以上が条件となります。

 

その他のポイントも魅力満載!

 

辺戸岬エリアには辺戸ドーム以外にも他にいくつか素晴らしいポイントがあります。

夏場限定の「辺戸岬キャニオン、」辺戸ドーム近くの「二神岩、」最も港に近い「茅打バンタ」などなど。ぼちぼち紹介していきたいと思います。

「茅打バンタ」では40mと少し深いのでディープSP必須の上級者限定ですが、アケボノハゼのコロニーが見られます。しかもかなり寄れます。アケボノハゼも昔は残波岬にもいっぱいいましたが、最近は探しに行くこともできません。ちなみにアケボノハゼはハゼの研究の第一人者であられる上皇陛下が新種登録されたハゼで、「アケボノハゼ」なる名前を付けられたのは美智子上皇后様とのこと。心して撮影しましょう。

いずれにしろ、辺戸岬エリアは基本上級者限定になります。世界シェアNo. 1 の指導団体SSIの継続教育で必要なSPコースにご参加いただいて辺戸岬を楽しめるダイバーを目指しましょう!!

この記事を書いた人

案納昭則

潜水歴四十年、総本数12000本を超える現役のSSI(スクーバ・スクール・インターナショナル)インストラクターでありJPS所属の職業写真家。
2003年にNHK「趣味悠々〜水中散歩を楽しもう(全7回)」講師を担当。上智大学外国語学部フランス語学科中退。
NPO法人沖縄県ダイビング安全対策協議会事務局長を歴任。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

フリーダイビング、その他最先端のテクニカル・ダイビングなどどんな要望にもお答え致します!

問い合わせはココ 問い合わせはココ arrow_right
PAGE TOP