ヴィアマーレ

沖縄の結納

LINEで送る
Pocket

プラーベートなネタで恐縮ですが、昨日2022年7月4日に当家の一人っ子の長男「鯨太郎」が結納の儀を済ませました。7月16日の七色の日の大安に籍を入れるそうです。
 
この機会に沖縄の結納の儀の内地とちょっと違うところをご紹介します。将来沖縄の娘を嫁に取るときのご参考になれば幸いです(笑)
 
 
昔は内地でもそうだと思いますが、結納は新婦側の自宅でやっていたと思います。自分の時も嫁の自宅でやりました。沖縄の結納では内地でもお馴染みの九品目に加え、松風、サータアンダギー、カタハランブーという縁起物が追加されます。
 
連ドラ「ちむどんどん」で全国区になったサータアンダギーですが結納用のは赤ちゃんの頭くらいデカイ(⌒-⌒; )
 
当家からの贈りもので恐縮ですがカタハランブーってのが厄介な代物。はっきり言って沖縄天ぷらの衣だけ!
さてどうやって食べるか色々考えた。
多分、自分が愛を込めて言うところの「沖縄の下品な具沢山味噌汁」の具がベスト。
あと天ぷらの衣なら魚の切り身とか豚肉のスライスを挟んだソテーとか考えたけど、とりあえずまだ残ってるテビチ汁に湯どうしして入れてみます。
食レポは後日・・・🤣
 
ちなみに
サーターアンダギーは、「黄金魂 クガニムドシ」と呼ばれ、女性のお腹を意味しており、新郎側が新婦に送ることで立派な子供を産めるようにとの願いが込められています。
 
白アンダギー(カタハランブー)は子宝の象徴で、ズバリ精巣の象徴、子孫繁栄を意味する縁起物です。
 
マチカジは二人の縁を結ぶことを表す赤い煎餅菓子で、「結び切」のかたちをしてます。沖縄の面白ネタを徹底的に追求してブログで公開しているディー沖縄が例によってマチカジの製造現場をアップしてたので貼り付けときます(⌒-⌒; )
 
https://www.dee-okinawa.com/topics/2013/02/zahakashiten.html?fbclid=IwAR35t6naqh0I-hOQUhm5F-OpD8ITXIRr9z7uEFCmnhvh-rTaIK5QfG2lSts
 
 

この記事を書いた人

案納昭則

潜水歴四十年、総本数12000本を超える現役のSSI(スクーバ・スクール・インターナショナル)インストラクターでありJPS所属の職業写真家。
2003年にNHK「趣味悠々〜水中散歩を楽しもう(全7回)」講師を担当。上智大学外国語学部フランス語学科中退。
NPO法人沖縄県ダイビング安全対策協議会事務局長を歴任。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

フリーダイビング、その他最先端のテクニカル・ダイビングなどどんな要望にもお答え致します!

問い合わせはココ 問い合わせはココ arrow_right
PAGE TOP